FC2ブログ

*はちみつ日和'*

三女 永眠 (記録後編) 

170819.png
若かりし頃。


15日の朝、スミちゃんは姿勢を変えて、頭は巣箱の奥。
背中(お腹?)は小さく浅い呼吸で揺れていました。

ほぼ飲まず食わずで3日。

元々、「いざとなったらもう下手に点滴等で延命はしない」
「自発的に飲み食い出来なくなったら、生き物は自然に終わる」
という考えなので、病院に駆け込むことはせず、そっとしておきました。

夜8時頃、晩ごはんの時に出たキャベツの切れっ端を餌入れに。
(食べれるものがあるかも、と思って手を変え品を変え作戦)

そして お子様:ぽま とマイクラで遊んで、午後10時半過ぎ。

寝る前の声掛けで小屋をのぞくと………
「お腹、動いてなくね? 鼻(ひげ)、動いてないね…」

そういうお別れでした。


翌日の午前中、次女:おもち のお墓の横あたりに新しいお墓を建立。
色々な食べ物と一緒に埋葬しました。

冷たいスミちゃんは毛皮の下のアバラ骨がはっきりわかるほど
やせ細っていましたが、私としては
「使い切って、きっちりキレイに終わったね」 という印象。

そして、埋葬して家族3人で手を合わせたら、
ふわっと風が吹いて、ピンクの花びらが数枚、
お墓に………なんて言うの? トッピング(笑)? ←語彙力!!!

それが本当に映画のエンディングのようで、
見事な終わりっぷりでありました。おつかれ、スミちゃん。


もう、ハムスターは飼わない。




ランキング参加中。なにとぞ~。




にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ
あと少しだけ↑こっちと掛け持ちでw

三女 永眠 (記録前編) 

190917.png

2017年8月10日に飼い始めた、
ゴールデンハムスター(クロクマ)、三女:スミちゃんが
2019年9月15日夜、他界いたしました。
6月生まれとの事だったので、享年2歳3ヶ月かな。

今年の6月くらいかな? なんだか前足の上あたりが
ムキッとして見えて、「スミちゃん、なんかマッチョになってない?」
とか笑っていたら………喉元に悪性腫瘍ができていました。

急激に膨らみが大きくなった8月末(高知旅行翌日)に病院に行くと、
2歳越えという年齢的に、もう 「やれることはありません」 と。

それから数日、さらに大きくなった腫瘍が破裂(自壊)して、
見た目はスッキリ(?)したものの、目に見えて足腰が弱りました。
(出血はなし。以降、首の下側は常に濡れた状態)

量こそへったものの、食欲はありました。でも下痢もしている。

ものの本には 「下痢になる場合があるので、野菜は控えめに」 とか
書いてあるけど、もう硬いものは食べられないし、給水器から水も飲めないので
悩んだ末、水分補給もかねて小動物用アクアゼリーと野菜中心の
生活を続けました(時々動物性タンパクとしてミルワームの砕いたものも)。

発作(?)が起こり、「もうダメかも…」 と、
水槽のガラス越しに家族で号泣することも数回。
次の日に恐る恐る巣箱をのぞくと、まだ頑張って呼吸している、
というハラハラした、1日1日を刻む2週間でした。

9/13からもういよいよ巣箱で寝っぱなしで、トイレにも出てこなくなりました。
14の夜、↑画像のように穴から顔をのぞかせていたのを発見し、
ミニ注射器で蜂蜜水を飲ませた………それがスミちゃんの
生きている顔を見た最後でした。

つづく



ランキング参加中。なにとぞ~。




にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ
あと少しだけ↑こっちと掛け持ちでw

ついに、やられた!! 

170920.png

先週の金曜日、事件は起こりました。

朝、お子様:ぽま が朝食をとったり、登校の準備をしている時間、
三女:スミちゃん も部屋をお散歩しています。
(その間に私がスミちゃんの水槽の掃除)

その日は散歩中のスミちゃんがダンボールに入ってしまい、
中の物を齧ったり、悪さをしそうだったので
ぽま がかき分けて救出しようとしてくれていました。

その時!!

半泣きの絶叫。
ついに噛まれてしまったのでした。

かなり本気で噛まれたらしく、左手人差し指から結構な出血。
よく見ると爪も下の歯が貫通したらしく、割れていました。
痛てーっ(涙)!!!

あの噛まないスミちゃんが本気で噛むって、
ハムスター的によっぽど怖かったんだなー。

今回はすっかり安心して(油断して)、子供にある程度任せていた
事を反省しました。

ごめんよ、1人と1匹。



ランキング参加中。なにとぞ~。




にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ
あと少しだけ↑こっちと掛け持ちでw